小学生の学力の低下が問題になっていることから、家庭での学習がとても重要になってきています。
最終学歴が生涯年収にまで影響してくるという統計データなどがあることを考えると、
学力はその後の人生の豊かさにまで影響してくるといえるでしょう。

 

高校進学や大学進学を見据えた学習は、学校で提供される勉強だけでは不十分だといえます。
安定した学力の向上は、家庭での学習が必要不可欠です。

 

ただし、学習習慣の形成のためには、幼児期からのお母さまのサポートが重要になってきます。
お子さまが進んで勉強する姿勢を身につけるようにするため、毎日15分程度でも机に向かうことが大切です。
さんけん社がおすすめする「小学ポピー」なら、お子さまが無理なく学習習慣を身につけることができます。

 

学習習慣は簡単には身につきません。家庭学習の日々の積み重ねが必要だといえます。
お子さまが学習習慣を身につけて、自ら机に向かうようになるために、お母さまが応援してあげてください。

学力と生涯年収

学力と生涯年収は大きく関係しています。最終学歴がその後の生涯年収に影響してくることから、幼少期からの学習習慣の形成は非常に大切だといえるでしょう。

・・・つづきはこちら

 

学習習慣は幼少期から

幼少期から学習習慣を身につけることは、その後の学力向上にとって大切なことです。大学進学を見据えた学習習慣は、早いうちから身につけるようにしましょう。

・・・つづきはこちら

 

小学生の学力低下

小学生の学力低下が問題になっていることから、家庭での学習がますます重要になってきています。そのために、お母さまのサポートは必要不可欠だといえます。

・・・つづきはこちら

 

ゆとり教育からの学力向上

ゆとり教育が小学生の学力の低下につながったともいわれています。家庭での学習習慣を身につけることで、教育方針にとらわれることなく学力の向上が図れます。

・・・つづきはこちら