新中学生になると、小学生の時と違い勉強内容のレベルが大きく違ってきます。
算数は数学になり、英語の授業も本格的になってきます。小学生までの勉強は、自宅学習の習慣がなくても追い付いていくことができたかもしれません。
しかし、中学生になると、自宅学習の習慣が成績に大きく影響してきます。

さんけん社がおすすめする「中学ポピー」は、お子さまが自宅学習を習慣にするための最適の教材になります。1日50分程度机に向かうだけで、学力を効果的に向上させていくことができるため、勉強と部活動の両立ができます。
また、「中学ポピー」なら、お子さまを塾に通わせる必要がないので、家計にも安心です。

自宅学習をお子さまが習慣にして学力を伸ばしていくためにも、お母さまが応援してあげてください。
中学生のお子さまを「中学ポピー」はサポートしていきます。

中学校から塾に行かせるべきか

中学生になっても、学校での授業をしっかり受けて、自宅学習の習慣を身に付ければ、塾に通う必要はありません。塾に通わなければ部活にも力を入れられます。

・・・つづきはこちら

 

読み書きができなくて勉強につまずく中学生

読み書きができないために、勉強につまずいてしまう中学生がいます。自宅学習を継続して行っていくことで、読み書きの能力を身に付けていく必要があります。

・・・つづきはこちら

 

数学が嫌いになる中学生

必要な計算力が身に付いていないために数学でつまずく中学生は少なくありません。自宅学習によって計算力を身に付けることで数学の成績は上がっていきます。

・・・つづきはこちら

 

勉強する癖が付かず勉強嫌いになる中学生

勉強する癖が付いていなくて勉強嫌いになる中学生がいます。勉強嫌いになると学力が低下してしまうので、自宅学習を習慣にして勉強する癖を付ける必要があります。

・・・つづきはこちら

 

小説を読むことで文章を読む習慣を付ける

「読む力」は文章を読むことで伸びていきます。文章をたくさんよむために小説を利用することができます。読みやすい作品から読み始めてみるといいでしょう。

・・・つづきはこちら

 

平均的な学習時間と自宅学習の重要性

中学生の学校の授業以外の平均的な勉強時間は約1時間30分になり、2時間以上勉強している中学生は4割近くになります。半数以上の中学生が塾に通っています。

・・・つづきはこちら

 

人が遊ぶ時にコツコツ勉強する重要性

中学生にとって夏休みを有効に活用することはとても大切です。夏休みに国語・数学・英語の主要3教科の復習や、苦手教科の克服に時間を掛けることができます。

・・・つづきはこちら

 

論理的に物事を考える為重要な国語

論理的思考は、社会に出て非常に役に立ちます。この論理的思考は、国語力を伸ばしていくことで身に付きます。読書は、国語力を伸ばすために有効な手段です。

・・・つづきはこちら

 

中学校の内申点の仕組みと評価

中学3年間の通知表の成績が反映される内申点は、受験生にとって重要な位置を占めます。推進受験を目指すならば、内申点を上げていくことは重要になります。

・・・つづきはこちら

 

高校受験のプレッシャーとストレス対処法

高校受験を控える中学生にとってプレッシャーやストレスは避けられません。それらに打ち勝つためには、コツコツと勉強をして学力を向上させていくことです。

・・・つづきはこちら

 

部活動との両立がカギになる中学生の勉強

部活と勉強を両立できなくて悩んでいる中学生は少なくありません。そのような多くの中学生が、部活動に力を入れ過ぎているため、家で勉強する余裕がありません。

・・・つづきはこちら

 

中学生の学力向上は整理整頓から始まります

勉強をする前に整理整頓を行うことを習慣にすることで、学力向上につながっていきます。机の上が散らかっていると、勉強に集中できず効率が悪くなってしまいます。

・・・つづきはこちら

 

中学校の勉強は予習復習が大切

中学校での勉強は、予習復習がとても重要になってきます。予習をすることで授業の理解度がアップしますし、復習をすることで記憶の定着につながっていきます。

・・・つづきはこちら

 

記憶科目は夜寝る前の勉強が効果的

理科や社会などの記憶科目は、寝る前の勉強が効果的だといわれます。寝る直前に記憶された事柄は、頭の中で最初に整理されるため、記憶が定着しやすいのです。

・・・つづきはこちら

 

テレビと上手に付き合って勉強時間を確保する

自宅学習の時間を確保するためにも、テレビと上手に付き合っていく必要があります。見たい番組だけを見るようにして、必要のないものは見ないようにしましょう。

・・・つづきはこちら

 

集中力を鍛えることが学力向上につながる

集中力と学力は密接な関係にあるといえます。適度な休憩と集中できる環境をつくることで、結果的に集中力の強化につながり、学力の向上に結びついていきます。

・・・つづきはこちら

 

勉強のやり方がわからない中学生は多い?

勉強の仕方がわからないという中学生は少なくありません。そういう中学生には、親によるサポートが欠かせません。一緒に、予習復習などをすることができます。

・・・つづきはこちら

 

休日に勉強時間を確保することの重要性

休日は平日と違って多くの勉強時間を確保できるため、休日を利用して勉強することは非常に大切です。休日も平日と同じ時間に起きることを心掛けるべきです。

・・・つづきはこちら

 

やる気を引き出すための親の役割

中学生のやる気を引き出すためには、親が中学校での勉強の重要性を理解させることです。勉強しない子供に勉強しなさいと頭ごなしに叱っても逆効果なだけです。

・・・つづきはこちら

 

たくさんの問題を解くことの重要性

多くの問題を解くことが学力向上の秘訣になります。多くの問題を解くことで、解法パターンが理解できるだけでなく、問題を解くスピードも上がっていきます。

・・・つづきはこちら

 

小中学校が義務教育である意味

小中学校が義務教育であるのは、個人を自立させ、国民を育成する為です。しかし、義務教育が機能不全に陥り、個人を自立させ得ない場合重要になるのは、私的領域に属す教育です。

・・・つづきはこちら

 

個性と学力との関係は

個性とは「個人または個体・個物に備わった、そのもの特有の性質」です。しかし、低学力は個性とは断言できません。現在の低学力がその個人の特有の性質を現しているとは限りません。

・・・つづきはこちら

 

普通教育の「普通」とは何か

普通教育と対立する教育は、職業教育、専門教育、特別支援教育です。普通教育とは、「人間を人間として育成する社会的営み」と言われます。「普通」は、人間や人間一般という意味があります。

・・・つづきはこちら

 

一流大学進学のメリットとデメリット

日本では一般的に旧帝大レベル、早稲田大学、 慶応大学などの大学を一流大学と呼びます。一流大学進学にはメリットとデメリットがあります。事前によく調査して進学する必要があります。

・・・つづきはこちら

 

教育には投資としての意味があるか

教育投資論は、教育という投資によりその人の生産的な能力や資質を向上させ、経済的価値も向上させることができると考えます。マスコミなどでは教育投資論の立場に立つ情報が流されています。

・・・つづきはこちら

 

教育には固有の教育的価値はあるのか

教育には様々な価値があります。例えば、経済的価値、国民形成価値などです。その中で、堀尾輝久東京大学名誉教授は、教育には固有の教育的価値があるという立場に立ちます。

・・・つづきはこちら

 

出身家庭が子どもの学力に与える影響とは

中出身家庭が子どもの学力に与える影響とは? 日本の現状は、2009年の文部科学省白書と2012年の厚生労働白書によれば、国際的には度合は小さいのですが、影響はあります。

・・・つづきはこちら

 

自尊感情は子どもがよい人生を送る為に必要な財

自尊感情とは自分には価値があるという感情です。自尊感情は子どもがよい人生を送る為に必要な財です。自尊感情が破壊されていると、困難に直面しても粘り強く努力することができません。

・・・つづきはこちら

 

子どもの能力を高めつつ思いやりをどう育むのか

子どもの能力を高めつつ、思いやりの心をどう育むべきでしょうか。その一つのヒントは、代表的なアメリカの政治哲学者ジョン・ロールズが提唱した「能力=社会の共通資産」という考え方です。

・・・つづきはこちら

 

教育を受けることは雇用につながるのか

雇用が限られている場合、教育が普及すると、教育を受けても就職出来ない人間が現れます。もし就職出来たとしても、以前は就職出来た職業には就職出来なくなることもあります。玉突き効果です。

・・・つづきはこちら