2016年02月15日

月刊ポピーの小学ポピーでは学校の授業に合わせた教材をお届けしています。
社会科は3年生から理科とともに新しい教科として月刊ポピーの小学ポピーに加わります。

小学生013

3年生の社会では、自分たちを取り巻く社会について学びます。
どんな場所にどんな建物があり、住んでいる街にはどんなお店や会社があるのか。

家庭や学校ではない社会について目を向ける学習内容となっています。
4年生では今の暮らしがどのように支えられているのか、住んでいる街にどんな歴史があり伝統があるのかを、3年生の時よりも範囲を広げて勉強していきます。

5年生になると日本の農業や工業、貿易について学びます。
中学からの社会の導入になる学年ともいえます。

6年生では歴史や政治についての勉強をします。
歴史上の人物や政治の仕組みなど、覚える項目もぐんと増えてくる学年です。

月刊ポピーの小学ポピーでは、毎月のワークで学校の勉強のおさらいができます。
授業時間が国語や算数に比べて少ないからといって、家庭学習に理科と社会が不必要というわけではありません。

学校の授業をしっかりとおさらいすることで理解度を深めていくことが、中学生になってからの学習につながっていきます。

小学ポピーのワークには解答と解説が付属していますが、この解説には学習の上での大切なポイントを全ページにふんだんに載せています。

お子さんのワークの丸つけをしていただく際に、保護者の方の指導の目安になると好評をいただいています。
また、学年に沿った漢字を使って解説を掲載していますので、お子さん自身が丸つけをする場合にも分かりやすい構成となっています。

ワークでの学習が終わったら、テストで力試しができます。
学校のテストと似た問題が多いのでテスト対策として活用していただけます。

保護者の方にはポピーを使って、お子さんが進んで学習できるように後押しをしてあげていただきたいと思います。
ポピーに興味をもたれたら、まずは資料請求で毎月のワークや小冊子などの詳しい内容を確かめてみてください。