2016年03月26日

中学生になったら塾に通い始める子どもが増えます。
なぜ、中学生といえば「塾」なのでしょうか。

中学生010

それは、勉強内容が小学生の頃より格段に濃く、難しくなるため、学校以外で指導を仰がないと不安が残るというお子さんや親御さんが増えてきているからです。

また、受験を見据えた中学生の学習では、入試対策をしっかりとしてくれる「塾」に注目が集まるのは当然のことです。
この他にも家庭教師、個別指導など、中学生が学校以外で学習する方法はたくさんあります。

そんな中、家庭学習の月刊ポピーが根強い人気を誇っているのはなぜでしょうか。

それは、「家庭」の中で、学校の授業に合わせた勉強ができるからです。

お子さんのタイプによって、塾で周囲の子どもたちと切磋琢磨して伸びる子、家庭教師のマンツーマンの指導で伸びる子、家庭学習でじっくりと取り組む子、と分かれますので、どの方法で学習を進めるかはお子さんのタイプに合わせた方が良いでしょう。

月刊ポピーの中学ポピーは家庭学習で成績を伸ばすことを目的とした教材です。
継続して学習していただけるように、毎月の会費は塾よりもはるかにお手軽な会費となっていて、保護者の方の負担も少なくて済むと好評をいただいています。

中学ポピーは部活に忙しく塾で長時間勉強する時間がないという子どもたちにも選ばれています。
毎日授業の内容を復習できれば理想ですが、部活によっては毎日くたくたに疲れてしまって、勉強に身が入らないといったケースもあるかと思います。

そのような場合でも月刊ポピーの中学ポピーであれば、週末の時間に余裕がある時を利用して、一週間の授業の復習をまとめてするなどといった自由なペースで学習を進めることが可能です。

中学生の勉強方法のどれがベストなのかは、その子の性格や置かれている状況によって変わってきますので、ひとつに絞ることはできません。

しかし、今、「なかなか勉強の時間が取れない」とか「毎日の授業についていけない」といったお悩みをお持ちであれば、まずは家庭学習の月刊ポピー(中学ポピー)で勉強の方法を身につけることを優先してみてはいかがでしょうか。