2016年01月03日

小学ポピー4年生は、月刊ポピーの小学4年生向けの教材です。
小学校4年生というと、まだ中間の学年ではあります。

syo4_01

しかし、だからと言って安心しているわけにもいかない学年でもあることをご存じでしょうか。
小学校4年生は、個々に学力にばらつきが見えてきます。
授業の時間も5年生や6年生と同じくらいになるという特徴もあります。

教科は皆大事ではありますが、特に、算数は気を抜けないでしょう。
角や面積などといった、図形に関する学習の基礎も大事となってきます。

月刊ポピーの小学ポピー4年生では、少数や分数といったお子さんがつまづきやすいのではと考えられる分野について丁寧に解説しております。
ですから、しっかりと身に付けることが可能でしょう。

小学ポピー4年生は、小学校3年生までの教材と比べてバリエーションに富んだものになっています。
例えば小学ポピー4年生では、社会科県版テストという教材をお届けしています。
こちらは、社会科の内容を確認できるテストとなっており、お住まいになられている都道府県に合った内容のテストをお送りします。

月刊ポピーの小学ポピー4年生にも特別教材がございます。
かべはり日本地図は、47ある日本の都道府県や県庁所在地の都市の場所が、すぐに確認できる地図となっています。
地方も色分けして区分していますので、わかりやすいと言えるでしょう。

小学校4年生は、どんどんと好奇心も旺盛になってきます。
疑問に思ったことについて、自身で疑問を解決しようと調べたりすることが、学力アップのために重要になります。

月刊ポピーの小学ポピー4年生は、そうしたお子さんの好奇心に沿った内容となっていますので、お子さんも学ぶことの楽しさを知っていくことができます。

月刊ポピーは、大体1回の学習は見開きの2ページとなります。
それに要する時間は、小学校4年生ですと15分から20分という短時間です。

これから高学年や中学生へと進級していく時のためにも、小学ポピー4年生で学んでいくことが大事です。
まずは資料請求をしていただければと思います。