2016年06月01日

小学校1年生の算数の学習内容で、つまずきやすいのはどんなところでしょうか。
最も多いのが「繰り下がりのある引き算」、2番目が「繰り上がりのある足し算」、3番目が「いくつといくつ」です。

繰り下がりや繰り上がりの問題は、計算方法を説明してもなかなか理解出来ない場合がよくあります。
なぜかというと、これらの問題を克服するには数の感覚をつかむ必要があるからです。
これは物を数える習慣から身につけることができ、これによって
「この数とこの数はどちらが大きい」という概念がわかるようになります。
この感覚が算数を理解する基礎にもなります。

小学校低学年では、まだ勉強を始めたばかりなこともあり、
少し苦手な問題があってもそれほど心配されないことが多いでしょう。
しかし、算数の場合は1つの単元が出来なくなってしまうと、
算数そのものに苦手意識を持ってしまう可能性があります。

算数の知識は、そのまま中学校・高校の数学へつながっていくため、
小学校での修得度はとても重要な教科といえます。
一度苦手意識を持ってしまうと勉強が億劫になってしまいますので、
少しずつ習慣づけて苦手をなくすことが大切です。

さんけん社の「ポピー小学生」では、教科書に合わせた内容で、学校の授業をどれだけ理解できているか、
どこが理解できていないのかわかるようになっています。

また、解説もとてもわかりやすく、自学自習に最適です。
計算問題を解く時に目標時間を設定し、ゲーム感覚にすることでやる気も高まり、学力アップにつながります。
目標を達成したら、ほめてあげることでさらに意欲的になれるでしょう。