2016年06月01日

成績上位の中学生の特徴のひとつに、
「計算が速くて正確にできる」ということが挙げられます。
その逆に、「計算が遅くて不正確」な中学生は、数学の成績が低いだけでなく、
他の教科の成績も同様に低いという傾向が見られます。

勉強を続けていく上で、「読み・書き・計算」の基本的能力は必須になります。
特に数学の成績を上げていくためには、「計算」の能力を高めていくことが必要になります。
計算力がないのは、能力が原因であることは少なく、
多くの計算問題を解いてこなかったことにあります。

算数から数学へと変わることで、つまずいてしまう中学生は少なくありません。
つまずきの原因は、基礎的な計算力が身に付いていないことにあるといえます。
高校受験の為にも、数学を苦手なままで放置しておくことは避けたいところです。
数学を苦手から得意に変えられるよう、計算力を身に付けていく必要があります。

多くの計算問題を解いていくことで、計算力は必ず身に付いていきます。
短い時間でもいいので、自宅学習で計算問題を解いていくことが大切です。
計算力が身に付いてくることで、数学の成績も自然と上がってくるでしょう。

さんけん社のおすすめする「中学ポピー」なら、
1日50分の自宅学習で無理なく計算力を身に付けていくことができます。
毎日の予習や復習、定期テストの勉強も「中学ポピー」にお任せください。
入会金不要で、1ヶ月4,420円~からでお気軽に始めることができます。