2016年06月01日

中学生に限らず、整理整頓ができない人は少なくありません。
本屋に足を運べば、整理整頓や片付けの本が数多く並んでいることからも、
整理整頓ができなくて悩んでいる人が多勢いることがわかります。

では、整理整頓と中学生の学力がどのように関係しているのかを説明していきます。


「整理整頓の重要性」

まず、机の上が乱雑な状態では、勉強に向かうやる気が起きにくいことが挙げられます。
また、そのような状態の机で勉強を始めても、消しゴムが必要な時に見つからなかったり、
定規がすぐに出てこなかったりと、非常に効率の悪いものになってしまいます。
さらに、机の上に物が散らばっていると、
自然と気が散ってしまうため集中力が続かなくなります。

このようなことから、整理整頓をすることが非常に大切なことが分かると思います。


「整理整頓をするコツ」

いきなり、机のすみずみまで整理しようとすると、途中で挫折してしまいます。
まずは、机の上だけでも片付けましょう。
机の上に乗っている雑誌やCDは、専用の棚に置くようにしましょう。
そして、机の上には、勉強に必要なものだけが置かれている状態にします。

机の上の片付けが完了したら、次は机の引き出しの中にある不要な物を処分していきましょう。
古いプリントやテストなど、必要のないものはどんどん捨てていきます。

1日に5分程度でも、机を整理整頓する習慣を身に付けることが大切です。
机を常に整理整頓された状態に保つことで、勉強がはかどるようになっていきます。


さんけん社の「中学ポピー」は、自宅学習に最適な教材になります。
授業で使われる教科書に対応しているので、効果的な勉強ができます。