2016年06月01日

 

中学校での勉強で一番大切なのは、毎日の予習復習になります。
成績の良い生徒は、この予習復習の習慣がしっかりと身に付いています。

予習復習ができていれば、テスト前に慌てる必要はなくなります。

家庭での勉強の流れは、まずその日の授業の復習をして、宿題があれば宿題を行い、
最後に明日の授業の予習をするようにします。

それでは、それぞれの重要性について説明していきます。


「予習の重要性」

予習をすることで、授業の理解度が高まります。
そのため、しっかりと予習をしておくと、復習にかける時間が短くて済むようになります。

授業範囲を一読しておくだけでも効果があります。
すべての教科で予習をすることは大切ですが、特に国語と英語の予習は大切です。
国語なら読めない漢字を調べ、英語なら分からない英単語を調べることは、
最低限行っておくべきでしょう。


「復習の重要性」

受けた授業の復習をその日のうちに行うことは非常に大切です。
なぜなら、記憶が新しいうちに復習をすることで、記憶の定着度が高まるからです。

教科書とノートを見直すだけでも効果があります。
さらに、余裕があれば練習問題を解くようにすると良いでしょう。

勉強時間を多く確保できない人は、復習だけでも行うようにしましょう。
毎日の復習を行うだけでも、テストでは良い点数が取れるはずです。


さんけん社のおすすめする「中学ポピー」なら、授業の進度に対応しているので予習復習に最適です。
予習復習を効果的なものにするために、「中学ポピー」をご活用ください。