2016年06月01日

 

勉強のやり方がわからなくて悩んでいる中学生は少なくありません。
予習復習をしなさいと言われても、
一体何をしていいのか検討もつかないという中学生は多いのです。

そのような悩みを抱えている中学生には、
先生や親が積極的にサポートしてあげる必要があります。


「ノートの取り方を覚える」

勉強のやり方がわからない中学生は、
授業のノートの取り方もわかっていないことが、往々にしてあります。
要領のいい中学生は、先生が授業で話す内容から要点を上手くまとめて
ノートに書いていくことができますが、ノートの取り方がわからない中学生は、
一体何をノートに書いていいのかがわからないのです。

そんな中学生は、まずは先生が黒板に書いたことを書き写すことから始めてみましょう。
それを続けていくうちに、先生の発言から要点を汲み取り、
それをノートに書き込んでいくことができるようになっていくことでしょう。


「親によるサポート」

一人で勉強ができるようになるまで、親が勉強を見てあげる必要があります。
予習、復習、宿題、テスト勉強をサポートすることができるでしょう。

まずは、読めない漢字や英単語などを一緒に調べることから
スタートしてみるといいかもしれません。
勉強の進め方がわかれば、後は一人でも勉強できるようになっていきます。
それまでは、辛抱強くサポートしてあげてください。


さんけん社のおすすめする「中学ポピー」なら、教材を開くだけで勉強の仕方がわかるようになっています。
自分に合った学習パターンが選べるので、誰もが無理なく学習を進められます。