2016年06月01日

成績の良い中学生の多くが、休日に自宅学習する習慣が身に付いています。

休日は多くの時間を勉強に充てることができるため、
平日は部活動で忙しくて勉強ができないという中学生も、休日にまとめて勉強することができます。

これは言葉を返せば、平日勉強できていない中学生は、休日を利用して勉強しなければ、
どんどん勉強で取り残されていってしまうともいえます。


「休日は早起きがポイント」

休日の前の日は、ついつい夜更かししてしまいがちです。
そのため、休日の朝はお昼過ぎまでぐっすりという中学生も多いことでしょう。

しかし、休日にしっかりと勉強時間を確保するためには、
朝は平日と同じ時間に起きるようにする必要があります。
最低でも、平日の起きる時間に2時間足した時間までには起きるようにしましょう。

それを無理なく実現するためにも、前の日は遅くとも12時までには寝るように心掛けましょう。


「時間よりも質を意識する」

長時間ダラダラ勉強しても非効率だといえます。
適度に休憩を取りつつ、集中して勉強することが大切です。

土曜日に5時間勉強して、日曜日は全くしないというよりは、
土曜日と日曜日に、それぞれ2時間ずつでも勉強した方が学習効果は高いといえます。


休日の勉強も、さんけん社の「中学ポピー」にお任せください。
「中学ポピー」なら効率良く学習できるので、高い学習効果が期待できます。