2016年06月01日

成績がいい中学生には、勉強が好きな人が多い傾向があります。
このような中学生は、先生や親から言われなくても、率先して勉強することができます。

しかし、勉強が苦手な中学生はやる気が出ないため、
自主的に勉強する習慣がなかなか身に付いていきません。

ここでは、子供のやる気を引き出すポイントを説明していきます。


「「勉強しなさい!」は禁句」

親はなかなか勉強をしてくれない子供を見ると、
ついつい「勉強しなさい!」と叱ってしまいがちです。
けれども、「勉強しなさい!」と言われて勉強する子供は少ないといえます。
むしろ、そのように頭ごなしに叱られると、ますます勉強が嫌いになっていってしまいます。

次の項目で説明しますが、子供のやる気を引き出すためには、
勉強する理由を理解させることです。


「勉強する理由を理解させる」

やる気を引き出すための方法のひとつは、勉強する理由を理解させることです。
中学生での勉強が、将来どのように役に立っていくのかを説明して、
中学生のうちに勉強することがどれだけ大切なのかを理解してもらうのです。

ただ単に、いい高校に入るためとかいった理由ではなく、
具体的な例を挙げて説明するのが効果的です。
例えば、なりたい職業が決まっていれば、
中学生での勉強がその職業にどのように関わってくるのかを説明してあげます。


さんけん社の「中学ポピー」は、中学生にぴったりの家庭学習教材です。
1日1ページのわずかな勉強時間で、自然に勉強の習慣が身に付いていきます。