2016年06月01日

普通教育

普通教育という言葉は聞いたことはありますか?
義務教育である小中学校で行われている教育を、
普通教育と言います。
英語では、普通教育は‘universal education’や‘general education’と言います。

高等学校の普通科で行われている教育も普通教育です。
正確には高等普通教育と言います。

大学で行われている教養教育も、普通教育の系列に属します。
大学で行われている教養教育は、一般教育とも呼ばれます。

 

普通教育の「普通」とは

ではなぜ普通教育は「普通」なのでしょうか?
普通教育が「普通」の教育だとすれば、「普通」ではない教育もあることになります。
「普通」ではない教育として、以下の教育があります。

・職業教育
・専門教育
・高等教育
・特別支援教育

「普通」教育とは、「人間を人間として育成する社会的営み」と言われます。
「普通」は、人間や人間一般という意味があります。
この思想のルーツの一つは、フランスの啓蒙思想家のJ.J.ルソーの教育思想です。

しかし、「人間」には色々な定義があり得ます。
ルソーの人間観も一つの人間観に過ぎません。
人間観が複数あれば、当然「普通」教育も複数あり得ます。

また、職業教育を欠く場合、普通教育を修了しても、
経済的に自立出来ないという問題もあります。