2016年06月01日

一流大学進学のメリット

日本では一般的に旧帝大レベル、早稲田大学、
慶応大学などの大学を一流大学と呼びます。
一流大学進学には色々なメリットがあります。

・自己自身をブランディングできること。
・一部上場企業や大手企業に就職出来るチャンスがあること。
・一部上場企業や大手企業に就職出来れば、生涯賃金も増えること。
・学閥があれば、就職後の昇進にも有利なこと。
・人脈を作ることが出来ること。
・高名な教授の指導を受けられるチャンスがあること。
・日本でトップレベルの教育を受けられるチャンスがあること。
・研究者などの専門職への道も広がっていること。
・官界などへの道も広がっていること。

 

一流大学進学のデメリット

しかし、一流大学進学にはデメリットもあります。

・教育・研究レベルがトップレベルとは必ずしも限らないこと。
・進学する学部によっても大きく違うこと。
・マイナー学部だと一流大学と見なされないこともあること。
・就職出来ない学生もいること。
・偏見を持たれることもあること。
・大学の環境が非常に競争的であること。
・劣等感や孤立感を持つ学生もいること。

一流大学に進学する場合は、
事前によく調査する必要があります。