2018年08月20日

ご存知でしょうか。ポピー初代総裁の指針「家庭教育五訓」

月刊家庭学習教材ポピーでは、初代総裁より指針として「家庭教育五訓」を挙げております。


■「親は、まず、くらしを誠実に」
誠実なくらしとは、自分の職業や仕事を、まじめに心をこめてすることで、
また、その中には、自ら考えるとか、人から聞くとか、やはり広い意味での勉強も必要です。

■「子どもには、たのしい勉強を」
ここで大切なことは、子どもの無理な注文をせぬことです。どのようにしてたのしい勉強をさせるか。
これには我慢や工夫が必要です。自分から進んで勉強し、自分にあった勉強法を身につけるためには、
毎日、勉強を続けることです。それだけで、よい習慣づくりになります。

■「勉強は、よい習慣づくり」
勉強の習慣が、ほんとうに身につけば、よい習慣づくりのもとになります。
生活の面でも、学習の面でもそれが習慣にならないと、ほんとうに身についたとはいえません。

■「習慣づくりは、人づくり」
子どもにとって、生活と学習は不即不離であります。勉強のよい習慣も、生活のよい習慣も、それらは
互いに交流しておのずから人間づくりにつながります。

■「人づくりは、人生づくり」
人間ができれば、おおよそ、ほんとうの望ましい人生が与えられると思います。

この「家庭教育五訓」は、いたずらによい成績をとるだけを目的とする浅薄なものではなく、
親が自ら誠実にくらし、子どもが勉強をたのしく習慣的にするようにし、この習慣づくり
を基にして、よい人間づくり、よい人生づくりまで進むことを目指しているものです。

… … … … … … … … … … … … … … … … … …
… … … … … … … … … … … … … … … … … …
※【「月刊ポピー8・9月号」の
ご新規申込・1ヶ月のみご購入は随時ご注文受付中!

さんけん社ホームーページの申込みフォーム
https://service.3kensya.co.jp/entry/popy_form/input.php

さんけん社お申込みフリーダイヤルTEL・FAXでお待ちしております。 
TEL0120-74-7411 
FAX0120-74-7436
… … … … … … … … … … … … … … … … … …