2017年08月18日

早い人だと小学4、5年生頃、遅くても小学6年生の春くらいから中学受験を考えるというお子様や親御さんもいます。
学校の勉強だけではなく、中学受験対策として塾に通わせたり、自宅学習教材を使って受験勉強に取り組むケースがほとんどです。
中学受験対策として塾に通わせるにも費用がかかる上に、塾に預けっぱなしになるのでしっかり勉強に取り組んでいるのか、理解できているのか親御さんとしては不安になるものです。
そうなると、やはり家庭で取り組める学習教材での勉強だと、親御さんも一緒にチェックできるので安心です。

自宅学習教材は色々ありますが、中でも人気なのが月刊ポピーです。
ポピーは教科書に沿った内容のワークや月ごとに学習した部分が確認できるテストなどの、わかりやすくお子様が取り組みやすい内容になっているのが特徴です。
どちらかというと基礎問題が多いので、学校の成績を上げて基礎力を付けるのに適しています。
そうなると、中学受験に対応できるのか?と不安に思われる親御さんもいるでしょう。
中学受験に必要な基礎よりもレベルアップした応用問題に取り組むには、5、6年生用の算数と国語のハイレベルワークを別に購入数することをおすすめします。
いずれにせよ、基礎力がついていないと難解な応用問題を解くことができないので、お子さんは学習でつまずいてしまうことにもなりません。
中学受験を成功させるには、まずはポピーでしっかり力を付けて、学校の成績を上げることからお子様に勉強へのやる気や達成感などを感じさせてあげることが大事です。

基礎力がついた時点で、応用問題を解かせたり志望校の過去問題などを分析して、対策してあげるようにしましょう。
また、力試しとして定期的に塾などで行われる模試などを受けさせるのも、理解度や志望校への合格確率などがわかります。
ポピーでは親御さん向けに、お子様の学校や家庭生活の過ごし方などのアドバイスや様々な情報を掲載した子育て情報誌が教材と一緒に届けられたり、電話やメールなどで学習について相談できる教育相談などのサービスもあるので中学受験を目指すご家庭にも心強いでしょう。