2019年04月02日

■月刊ポピーは【えんぴつ学習】をオススメします!!《1》

近年はタブレット教材も増え、導入をご検討されているご家庭も多いことでしょう。
しかし、本当にもう紙の教材は時代遅れなのでしょうか?

いいえ!違います!!
実は鉛筆を持って紙に書いて学習することで、脳の働きは活性化されることが
分かっています。

◆篠原菊紀先生 ポピー監修脳の専門家の意見を聞いてみました。

脳科学者の◆篠原菊紀先生の研究でも「書く」に左脳を使い、
「考える」に右脳を使うので≪鉛筆で紙に書く≫という学習は
脳をフル回転させて鍛えることができるという見解です。

タブレット教材では、正しい姿勢・正しい鉛筆の持ち方もなかなか身に付かないとも
言われています。
自宅学習の習慣を付けていくには「紙+えんぴつ」の【えんぴつ学習】スタイルの
『月刊ポピー』が最適ですね。


■小学校の授業をしっかり身につけ、基礎学力アップの目標を
達成するポイントは…?
10分単位の家庭学習時間で教科別に取り組めて、学校教科書に
合って能率よく復習できる【家庭学習教材】を選ぶことがポイントです。

「月刊ポピー」は1単元を10分単位の家庭学習時間でできる構成になっております。

★その他、学年別に成長段階に合った家庭学習が継続的に続くよう、内容構成に工夫がある
「月刊小学・中学ポピー」のお伝えしたい特長がたくさんあります。

【無料見本】または【1ヶ月からできるお試し購読】【定期購読】
のお申込みをぜひご検討ください。


… … … … … … … … … … … … … … … … … …
※【新学年をポピーで効率よく始めよう⇒月刊ポピー4月号】の
定期購読・1か月または数ヶ月ご購読も随時ご注文受付中!

さんけん社サイト 申込みフォーム
https://popy.3kensya.co.jp/guide

シリーズ教材の追加注文、定期購読・1ヶ月購読は随時
ご注文受付中!ホームーページのフォーム、さんけん社お申込み
フリーダイヤルTEL・FAXでお待ちしております。 

TEL0120-74-7411  FAX0120-74-7436

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

4月特別号の教材お申込みから1週間前後でお届けの予定です。
只今、配送業務が混み合いお待たせする場合がございます。
できるだけ早くにお届けできるようスタッフ一同努めてまいります。
… … …   … … …   … … …   … … …  
……    ……   ……   ……   ……   ……   ……