2019年08月19日

「月刊ポピー」の願い。10分よりそい、子どもにはたのしい勉強を!

「月刊ポピー」の願い。全家研ポピーでは10分よりそい運動を進めています。

■願いを叶えるために

①子どもの話は目を見て、心で聴きましょう。

子どもの話を心で聴くポイントは、「どんな気持ちかな」と子どもの気持ちに寄り添って10分、
心で聴いてあげることです。

②家庭学習をする時間と場所を子どもと約束しましょう。

学びをサポートする力で大事なことは、いつも同じ時期に、同じ場所で家庭学習をすることです。

③子どもを「ほめて」「みとめて」「だきしめて」育てましょう。

育ちを見守る力のポイントは、たとえうまくいかなかったことでも、「今日は頑張ったね」

と認められればお子さんは向上心を燃やすことができます。ほめられることは意欲や自信になり、

少し難しいことでも挑戦しようと思えるようになります。


1日10分、親子で向き合う時間をつくりましょう。朝の時間、家庭学習の時間、夜寝る前の時間

など、10分間子どもの顔を見て会話を楽しみましょう。

「子どもには、たのしい勉強を」は全家研の願いです。楽しい勉強の入口は、認められ、

ほめられることです。認め、ほめられてやる気が出ると「できた!」「わかった!」と勉強が

楽しくなります。子どものいるすべての家庭に「10分よりそい、子どもにはたのしい勉強を!」

のメッセージを発信していきます。


… … … … … … … … … … … … … … … … … …

※【1学期復習号 8月号】【2学期スタートの9月号】の
定期購読・1または3ヶ月のみお試しご購入は随時ご注文受付中!

さんけん社ホームーページの申込みフォーム
https://service.3kensya.co.jp/entry/popy_form/input.php

シリーズ教材の追加注文、定期ご購読・1ヶ月のみご購入は随時
ご注文受付中!ホームーページのフォーム、さんけん社お申込み
フリーダイヤルTEL・FAXでお待ちしております。 

TEL0120-74-7411  FAX0120-74-7436

… … … … … … … … … … … … … … … … … …